PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

貪欲な美々ちんの お話

晩御飯の時の事。
いつものように、美々がテーブルにアゴをのせてる。
『 お父さんがオカズとかご飯粒でも こぼしてくれへんかなぁ? 』
って、魂胆 みえみえ

私は、デコピンするみたいに 美々の鼻先を指で弾いた 



 

その瞬間、パクッ

美々は 何か食べ物をくれたって勘違いして お口をパックンしたのであった。

純真に イヤシイ美々ちゃん。
むっちゃ、受けた?  (≧▽≦)ゞ 
スポンサーサイト

| 今日の出来事 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://welovemimo.blog63.fc2.com/tb.php/837-3b735baa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT