PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ももの病気 その②

手術後2週間して、ようやく抜糸が終わったと思ったらヒートになってしまった。
で、やっとヒートが終わってホッとしたのも束の間、どう言うわけか
ももがオシッコを数回、風呂場のマットや玄関で、粗相してしまってた。

普段、粗相なんてした事がないのでびっくり

5月13日(土)
もともと 狂犬病予防接種とフィラリア薬を貰いに行く予定だったので、
膀胱炎にでもなってしまってるのかも?と思い診察してもらう事にした。
先生に前日のオシッコの話をすると超音波検査をしてくださった。
すると、膀胱に白くて丸い影が映っていた。
とても、にわかには信じられない話。
多分、何かの間違い。次回のエコーでシコリみたいなのが消えているはず。
この日は、フィラリア薬7ヶ月分と抗生剤2週間分をもらって帰宅。
抗生剤を飲ませたら、すぐに、家の中でのオシッコはしなくなったので
きっと、あのエコーで映ってたのは何かの間違いのはず。って思えてきた。

5月27日(土)
朝の散歩でオシッコ採取。
なるべくたくさんと言われてたので苺のパックでもものオシッコをキャッチして
100均の蓋付タッパーに入れて朝の9時半頃には病院へ持参。
検尿してもらった結果、
潜血は無かったけど白血球の数が多くて、粘膜の細胞?がいくつかあったとの事で
ももの腫瘍の粘膜細胞を病理検査に出すためにカテーテルで粘膜の細胞採取してもらう事になり
そのまま、ももを病院に預けて私達だけで帰宅。
夕方4時に迎えに行って エコー画面を見せて貰いながら先生のお話しを聞いた。
そもそも、心配だった膀胱へのカテーテルだったけど、
「ももちゃん、案外、大人しく 出来ましたよ。」って言ってもらえて一安心。
ざんねんだけど膀胱内の腫瘤は間違いなんかじゃなかった。
腫瘍はどうやら膀胱の入り口辺りにぶら下がってるみたいで・・・

今後の治療法などは検査結果が出てからする事になった。

病院の待合室でお父さんと。


6月9日(金)
病理検査の結果を聞きに病院へ。
4枚のスライドグラス標本を病理検査に出してもらっていた細胞診診断書をもらった。
だけど、難しい言葉だらけで私達には理解不能。

【所見】
前文少し省略・・・
核クロマチンに富み核の大小不同、N/Ⅽ比のばらつき、核小体の
大型化・複数化、巨大核形成などの異型所見が観察されます。
その他、炎症細胞の混在は目立たず、
明らかな細菌、真菌、寄生虫などの感染性微生物は検出されません。
【付記】
標本中には異型性を示す上皮性細胞の出現が認められました。
これらの移行上皮細胞は細胞変形による異型所見の誇張とも考えられますが、
炎症細胞の混在が顕著でないにも関わらず、一定数の移行上皮細胞が
採取されている点からは、臨床情報を加味すると、これらの増殖性病変(過形成または
腫瘍性病変)が存在する可能性を考慮する必要があります。・・・後の文章省略

結局、先生に説明してもらったところ、膀胱癌って事だった。
しかも、ももの膀胱に出来ている腫瘍は膀胱と尿道の境目位の部分で手術は不可能と言われた。
そして、膀胱癌に効き目のある抗がん剤と言うのは殆どないし
ももの年齢を考えると、効き目のない割には副作用が大きく高額な抗がん剤治療は
あまり薦められないと言われた。
それで、「ピロキシカム」と呼ばれる非ステロイド性抗炎症薬で治療して行くことをすすめられた。
その薬は、腫瘍に伴う炎症を抑えて、移行上皮癌を制御する効果があるとの事。

そのお薬、6月9日から、ドッグフードに振りかけて飲ませ始めて もう早、約3か月。

8月19日(土)
超音波検査で診てもらったところ、前回よりも又、大きくなっていた。

お散歩で、マーキングする時のちょっとのオシッコの時はほぼ、赤い血尿になっている。

超音波で見ると 膀胱に占める腫瘍の割合はかなり大きくなっているせいか、最近では
バスマットや廊下やカーペットなど いたる所で、オシッコポーズして チーッしてしまう始末。
ももは、家の中のトイレトレーではオシッコやウンチは出来なくなってるし
病気だから、叱ることも出来ず・・・
可哀想だけど、今は、紙おむつ+ランファミリーさんの おパンツを穿かせている。

(先日、大地ママさんを通じて、無理を言って、ランママさんに至急、おパンツ送ってもらい助かりました。)

こんな、病気になってしまったももだけど
元気は元気イッパイで、短い時間、本当に短い距離だけどフリスビー遊びもするし
食欲も旺盛。なので、本当に病気?って思う位。
これが、悪い夢であったらどんなに嬉しいやら・・・

赤色のおパンツ🎵








スポンサーサイト

| 健康 | 15:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ももちゃん、そうでしたか?
お写真では元気なお顔だし食欲もあるのにね。
我が家のモモも残念ながら
腎臓は元には戻りません。
少しでも長く一緒にいられるように
お互いめげずに頑張っていきましょう!

| モモママ | 2017/09/12 23:51 | URL | ≫ EDIT

モモママ様へ

そうなんです。
まさかの病気で信じられないですが・・・

モモちゃんも、ももも精一杯頑張ってくれてるから
私達もめげずに頑張らなきゃ!ですね。v-392

| 美々母 | 2017/09/13 22:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://welovemimo.blog63.fc2.com/tb.php/1593-fba9dd0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT