PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ショック!泥棒に入られた?(T_T)

信じられない事に日曜日の夕方、我が家に泥棒が入った!




土曜は伯父のお葬式だったので美々ももは連れて行けない。
それにお葬式は昼12時からで、骨上げから初七日まで、
その日に済ませてしまうとの事。(今は、だいたいそんな感じやなぁ・・・)
なので かなり遅くなりそうだし、息子夫婦に美々ももを頼む事に。

でも、結局、2番目の義兄夫婦が「私達が骨上げまで居てるのは
どうも、おかしいで!」って言うし、私もホントそう思ってた。
なので、初七日のお供えだけ預けて帰ることにした。
結局、帰宅したのは夕方の6時前。これ位の時間なら、
2人に来てもらわなくても良かったなぁって帰りの車中で話してた。
そして、その日はもちろん、家に泊まり翌日の日曜の夜、私達が
息子達の神戸のマンション迄、車で送る事になってた。
息子の嫁は、我が家の玄関の上がり口に持って帰るカバンを
まとめて置いてたのがアダに・・・
その日の夕方、息子達はリビングで眠ってしまったので
私達夫婦は美々ももを連れてお散歩へ。
いつもなら、必ず鍵を掛けて出るのに、うっかり鍵を下駄箱の上に
置いたまま行ってしまった。
そして、家へ帰って来ると、嫁の靴がドアに挟まった状態で扉が
少し開いたままになっていたので美々父に
「お前、ちゃんと閉めて行かんかったんか?」って聞かれたけど
「え??ちゃんと閉めて行ったよ。」(最近、我が家のドアのドアマンが
調子が悪くてゆっくり閉まるようになってる)ゆっくり閉じるのを
待って閉めたはず。でも、私ってホンマいい加減やから、あまり自信が無い。
それに、家に泥棒が入るなんて夢にも思わないから、
まぁ、私の勘違いかなぁ位に思ってたいして気に留めてなかった。

そして、6時半前頃、夕食には少し早いのでリビングでお茶を飲みながら
話してて、嫁が自分のカバンの中に入れてる電子辞書で
花の名前を調べようと玄関へ行ってみると「あれ?カバンが無い!」
と言うので、私は「エッ?」と思い行ってみたけど本当に無いやん!
で、アッ!と気付いた。靴が挟まってたのはそういう事やったんやと。
それで、「泥棒や!盗まれたんやわ!」って発すると、嫁はショックの
あまり半泣き状態に。
そして、美々父がドアマンの所にS字フックで掛けてた
風鈴(タイのお土産)が下に置いてあるのを発見!
間違いなく泥棒が音が鳴らないように外して下に置いたんやと思った。

とにかくカード類を止めて警察!
私もパニック!慌てた?! でも、息子はチャッチャと銀行や
クレジット会社に電話して残高も確認したようでセーフ!嫁も
すぐに、香港の銀行にストップを掛けるべくネットで操作してた。
我が家の電話がIP電話になったので、国際電話の掛け方が分からず
どうすればいいかとサポートセンターに電話しても全く通じない!
(いつ掛けてもサポートしてもらえないケーオプティ混むや!)
で、私が警察へ電話してる間に何とか通じたみたいでそちらもセーフ。

それから警察が到着して、指紋採取や事情聴取を受けた。
犯人のものと区別する為に私達4人の指紋も全部、取られた。
この指紋はズ?っとは残しませんので安心してくださいと言われたけど、
?本当の所は怪しいもんやと思ってる。(警察にはかなり不信感がある)

まぁ、それはともかくとして、嫁のバックの中には、全財産の入った
銀行のカードとクレジットカード、外国人登録証、日本語学校の学生証、
財布の中味4200円程の現金。マンションのゲートの鍵と部屋の鍵、
自転車の鍵を束ねたキーホルダー、それに電子辞書(昨年の終わり頃に
私達が買ってあげたばかり)と懸賞に応募する為に住所名前を書いた
ハガキとポイントカードばかり入ったケース。

家の住所が分かるハガキと鍵がセットなので、神戸のマンションが
荒らされてないかとても心配になり、神戸の方の交番のお巡りさんに
確認に行ってもらった。鍵が無いので部屋の中の状況は分からないが
両隣の住人に確認したけど今日は誰も居ないし特に変わった様子も
無いとの事なので、取りあえずは安心した。

警察が来てワサワサしてる時、嫁の携帯に学校の先生からの
メールが入ってた。内容は嫁の財布が明石警察に届いてるとの事。
泥棒に入られたのは、私達が散歩に出かけた4時50分頃から
5時40分頃の間。なのに、もう財布が届いてる?
(財布は、泥棒が中味を抜いて人の庭に捨てたんやなぁ・・・) 
その事を家に来てくれてるお巡りさんに伝えるとすぐに連絡を取ってくれて
我が家から一番近い交番にあると言う。そして、その交番のお巡りさんが
家に来てくれるとの事なので待ってたら、財布は持ってきてなかった。
(何をしとるんや?!)心の声。

そして、たくさん書類を書いてもらわないといけないので、
交番へ来てほしいと言う。でも、美々父と息子とが神戸の家が
気になるので確認しに行かないといけないし・・・と言うと
「パトカーで交番まで乗せて行きますので。」と言われたけど
「そんなん、行きはパトカーでも帰りの足が無かったら困るから
帰りも送ってくれるんですか?」と聞くと
「送りますとの事だったので乗って行く事になった。

そして、その交番ではエアコンは掛かってるものの下から
とても、冷える。警察の人が3人。拾得物を入れた袋には、
財布を拾って届けてくださった方の住所と名前が書いてあり、
私は驚いた。だって すぐ近くの方の名前だったから・・・
その人の庭に投げ込まれてたらしい。もちろん、現金は抜いて!

カード類は全部、揃ってた。そのカードに又もや銀粉を振って
指紋採取したけど、上手く取れなかった。何とか
流れた指紋が一つ。多分 犯人のでは無いと思う。

キャッシュカードが5枚とクレジットカードが1枚。
「カードの番号やら名義やら書いてたら、書類の枠に収まらなかったので
もう一度、書き直すので、この書類(白地)に名前とハンコを押しといて
くれますか?」やて!何で全く空白の紙にハンコ押せるねん?私はビックリ!
「え?何も書いてないのにハンコなんて押せませんよ!」と言うと
「じゃあ、又、一から書き直すので倍の時間が掛かりますよ。」と抜かしよる!
何、脅しとるねん!もう、ムカーッ!と頭に来て、「嫁は、身重なんですよ!
もう、長時間になるので家に帰らせてください。それに、書類に
書ききれないってどういう事ですか?書き足せばいいんじゃないんですか?」と言うと
「いや、一枚の中に納めないといけないので。」と言うので、
「それって変じゃないですか?もっと沢山の物がある時は
どうしてるはるんですか?」と聞くと「いや、その時はもっと 
沢山書き込める書類があるんですわ!」と抜かしよる!
「ハァ?何それ?最初からどうしてその書類に書かなかったんですか?」
と言うと「これでいけると思ったんですわ!」やて。
何なん?このオッサン!もう怒り心頭!

イライラーッとして「とにかく もう送ってください!」と言うと
奥に居たお巡りさんが「はい、じゃあ私、お嫁さんを送ります」と
言うので一人で帰らせる訳ないやろ!
「私も一緒に帰りますから!」とパトカーで送ってもらう事に。
その帰り道、他の2人のお巡りさんが、「すみません。
奥さんがイライラっとしてはったの分かってたんですけどね・・・云々かんぬん」

あの、たわけた事を言ってた人が一番、年長のようで位も高いのか知らんけど
細かいアホな事ばかり部下に注意したりゴチャゴチャ言っててアホ程、
時間が掛かった。ホンマ、要領悪すぎるっちゅうねん!
私達が交番に行ったのは8時前やったのに帰りは10時を過ぎてた。
しかも、書類はまだ未完成!送ってくれた警察官が恐縮しながら
「申し訳ないですが、書類が書きあがったら電話しますので又、
お母さんだけでも交番に来ていただけますか?」と・・・
(??;)ハイハイ 行きますがな。
私達が、交番でゴチャゴチャしてる間に美々父と息子は 神戸へ行って
戻ってきたやん!そして、まだまだ掛かるからと言うと、
自宅に戻り、家の近くにカバン等を捨てられてないか探索しに行ってた。

そして、私達が自宅に戻ると美々父が家の裏の水路の上に
カバンが捨てられててカバンの中のハガキや封筒や領収書は
溝にバラバラに捨てられてるのを発見!
でも、鍵は見つからなかった。とにかく夕飯も食べてないし 
適当に何か食べないと・・・と、お味噌汁を作り献立予定の
焼肉をフライパンで焼こうとしてると、警察が来て、
書類が出来たからと再び交番へ。
今度は我が家の車で美々父と私で行った。

そして、沢山の出来上がった書類にありとあらゆる個人情報を
書いてハンコを押しまくった。ふ?!疲れた・・・

そして、取りあえず終わって帰宅したのは夜の11時半。
息子達を神戸のマンションまで送って帰宅したのは
もう夜中の一時半過ぎ。風呂に入る元気も無く
床に就いたのは2時過ぎ。心身共にクタクタ・・・

ハ?イ ダラダラと長ったらしい日記に 
お付き合いくださって有難うございます。続きは、
又 明日、未明に!という事で・・・(^-^;)ごめんなさい。 
スポンサーサイト

| 今日の出来事 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://welovemimo.blog63.fc2.com/tb.php/1117-6d0d2ceb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT